読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

What one likes, one will do well 〜好きこそ物の上手なれ〜

寄り道しながらも、最後は昔から好きな物理とプログラミングに戻ってくる。そんな男の思いをつづるブログです。

格安SIMを選ぶ基準

はじめに

私はずっとガラケーでした。スマホに変えたのは半年前ほどです。docomoauソフトバンクのキャリアではなく、最初から格安SIMにしました。

スマホにしたいとは思っていたのですが、ガラケーでずっといた理由は維持費が高くなるからです。ガラケーの時は月1500円ほど、キャリアでスマホの契約をすると5000円から1万円ほどになるので、その料金の違いはかなり大きいです。

そこで最初から格安SIMで維持費は1500円以下で、ガラケーの時よりも安くしました。しかもスマホにするとかなり便利で、とても満足しています。

そこで格安SIMにするときに調べたことや選んだ理由を書きたいと思います。

スマホ本体

まず格安SIMにするときに悩んだのはスマホ本体をどうするかです。すでにキャリアでスマホを持っていて、格安SIMに乗り換える時も何も考えなくてよいわけではありません。

確認するのは契約したい格安SIMの回線とスマホ本体がどのキャリアで使えるものか。

例えばdocomoスマホを持っている場合は、docomo系の回線を使用している格安SIMを選ぶ必要があります。そのためスマホ本体を手に入れる時に、中古を買う場合はしっかりと調べる必要があります。

ただしキャリアのスマホであってもSIMロック解除してあると格安SIMはどれでも使えるようです。

また中古はスマホ本体の残債が残っていて、キャリア側で使用不可にされている場合などもあり不安だったので、中古は選択肢から外しました。

そうなってくると選択肢は、SIMフリーと言われるスマホ。今は色んなものがネットで買えるようになっているので、これが安心かもしれません。例えばiPhoneSIMフリー端末がありますし、他にも高価なスマホから安価なスマホまで色々あります。

選ぶ格安SIMのサイトに行くと動作確認されているスマホ一覧などが掲載されているので、そこに掲載されているものを選ぶのが確実だと思います。

結局、私が選んだのは安いフリーテルのpriori3という端末です。

 

FREETEL Priori3 LTE (マットブラック)

FREETEL Priori3 LTE (マットブラック)

 

 

格安SIM

次に格安SIMを選ぶ必要があります。格安と言われるだけあって、一番重視したのは価格です。最終的に業界最安値をうたっているDMMにしたのですが、最後の決め手になったのは、バースト機能というもの。

これは通信速度の制限中であっても、回線をつないだ最初は速度が出るというもの。速度制限の時はネットを見るのにも時間がかかってしまうのですが、バースト機能によってネットの最初の通信だけが早い速度のため、ページをぱっと表示してくれます。

このバースト機能は、IIJが先駆けで、DMMも追随し、私が契約した頃はこの2社だけが提供していたサービスのようでした。今ではバースト機能を提供している会社は多いようなので、選択肢は増えると思います。

とにかく決めては、価格とバースト機能でした。

ちなみに選んだプランは月1Gのプランです。高速通信がないプランもあったのですが、一つ上の1Gのプランを選びました。その理由は、高速通信がないプランはバースト機能について月の容量制限があったからです。そのため月の後半ではずっと遅いということも考えられます。1Gのプランにすればバースト機能の制限がないようだったので、早くに1Gを使いきってしまっても、それなりに快適に使えると思ったからです。

 以下は、データ通信用です。音声通話が必要な場合は別のものを買う必要があるため、注意して下さい。

 

スマホ priori3の使い勝手

容量は8Gと少ないので、32GのmicroSDを購入して、すぐに容量を増やしました。8Gではアプリを少し入れただけですぐに容量が一杯になってしまいますし、写真はまだしも動画はそれほど保存できません。microSDカードを追加しての容量追加は必須だと思います。

動画を見る時はほとんどないのですが、動画を見ようと思うと再生までに少し時間がかかるかなという印象はあります。しかしメールやLine、ネット閲覧程度であれば動作で遅いと感じたことはありません。

カメラは最新の高価なスマホと比べれば大分おとりますが、私が前に使っていたガラケーのカメラよりはいいので、満足しています。

動画を見たい、綺麗な写真をとりたいと思う場合はより高価なスマホを買えばよいと思いますが、それほどこだわらないのであれば、priori3は十分なスマホだと思います。

格安SIM DMMの使い勝手

スマホの通信は、家ではWiFi、外ではデータ通信という使い方をしています。外ではネットを見る程度だったので、最初の月は高速通信をオフにして、低速通信だけで使っていました。それでもバースト機能のおかげで普通に使えていました。

確かにコンテンツが多いページでは表示が遅かったり、なかなか表示されないこともありましたが、それほどストレスは感じませんでした。

高速通信をオフにしておいても使い勝手で問題はなかったのですが、せっかくの通信容量を使わないともったいないので、その次の月からは高速通信をオンにして使いました。やはりその方が快適です。

会社の行き帰りにスマホでネットを見る生活で、1Gだと月の後半は容量がなくなってしまうような感じでした。

まとめ

まとめると、

  • 格安SIMはバースト機能があるものを選ぶ
  • スマホ本体はSIMフリーが安心
  • 格安SIMの会社で動作確認済みのスマホ本体が安心

と言ったところでしょうか。料金を抑えながら快適なスマホライフを楽しみましょう。